プログラム学習室 http://studyhallweb.com/

テンプレート等の変更履歴

HTML Template

Version No.

DartスクリプトやCSSに影響を与えない変更は原則としてバージョン番号を変えない

A 4.0.0 → 4.1.0 (2017-05-06)

ソースファイルをサーバ上の別テキストファイルから読み込むように変更
HTML内にソースが書かれていると見にくいため
ファイル読み込みのために source001.js を作成

A 3.2.3 → 4.0.0 (2016-11-23)

・脱Dart化 Javascriptに書き換え、広告廃止

A 3.2.2 → 3.2.3 (2014-09-14)

・ヘッダーの固定を解除に一緒にスクロールすようにした(ジャンプを使いしやすくするため)
・幅広のスカイクレーパー広告(160 x 600)に対応するため幅を40px増加

A 3.2.1 → 3.2.1 (2014-05-17)

エラーコード表示用に<span id=\"error">を追加

【検索】
<span id="css2"></span>\n
【置換】
<span id="css2"></span>\n\t\t\t\t<span id="error"></span>\n

A 3.2.0 → 3.2.1 / C 1.3.0 → A 3.2.1 (2014-05-10)

共通部分が多かったため Type C を Type A に統合
先の 3.2.0 へのアップデート時にnavの中をDartで作成していたので不要なタグを削除

【検索】
\t+<a href=\"\.\./index.html\">\[Home\]</a>\n
【置換】
削除(ブランク)

A 3.1.0 → 3.2.0 / C 1.2.0 → 1.3.0 (2014-05-04)

最下部にインジケータを追加。テンプレートやCSSのバージョンなどを表示

【検索】
<div id="update">(.+)</div>\n(\t+)<br/>$
【置換】
<div id="update">\1</div>\n\2<br/>\n\2<div id="indicator">\n\2\t<span id="indicator-main">Form:A322;</span>\n\2\t<span id="css1"></span><span id="css2"></span>\n\2</div>

css

basic 4.2.0 → 4.2.1 (2017-05-06)

.src1, .src2 に padding をセット

basic 4.1.3 → 4.2.0 (2016-11-23)

Template 4.0.0 対応 広告枠 0px

lyout 2.2.2 → 2.2.3 (2014-09-14)

ヘッダーの位置固定を解除し、一緒にスクロールすようにした

basic 4.1.2 → 4.1.3 (2014-09-16)

幅広のスカイクレーパー広告(160 x 600)に対応するため幅を40px増加

basic 4.1.1 → 4.1.2 (2014-07-28)

Web font "Source Code Pro" 追加

lyout 2.2.1 → 2.2.2 (2014-07-27)

Web font "Source Code Pro" 追加
ただし、lyout では有効にならないことが判明し、2014-07-28 に 2.2.1 に戻す

mobile 3.1.1 → 3.1.2

img 追加
モバイル表示用に max-width: 300px; を指定