プログラム学習室
ここがナビ

JavaScript: 条件分岐

if文

等しいは == 、等しくないは != を使う。
if、elseif、else が使える。
					if(A == B) {
						document.write("AとBは等しい");
					} else if(A > B) {
						document.write("AはBより大きい");
					} else {
						document.write("AはBより小さい");						
					}
				

switch

switch、case、default使用可。caseにはbreakが必要。
					switch(A) {
						case 0:
							document.write("A=0 の時表示");
						case 1:
							document.write("A=0,1 の時表示");	// case 0 に break がないため A=0 も表示
							break;
						default:
							document.write("Aが0,1以外の時表示");
					}