プログラム学習室 http://studyhallweb.com/

Dart のインストール

概要

Dart は Google の開発したWeb開発用のプログラム言語です。
Windows用、Linux用とMac用があります。
実行するには Javaも必要になります。

このサイトでは管理人のPC環境が Windows のため、すべて Windows版について書かれています。

Java の用意

Java をすでにインストールされている方は多いと思います。
ただし注意が必要なのは、Dartの Windows用 は 64bit版と 32bit版があり、Javaも Dartとおなじ bit版にすることです。
すでに Javaがインストールされているか、インストールされている Javaが何bit版かは java.comで確認することができます。
自分がインストールしようとしてる Dartの bit数にあわせた Javaをインストールしてください。

Javaをインストールしたら、環境変数 JAVA_HOME も設定しておきましょう。

Dart のインストール

まずは Dartをダウンロードします。自分のPC環境にあったものをダウンロードします。

ダウンロードページ https://www.dartlang.org/tools/download.html
はじめは開発に必要な機能が一通りそろった"Option 1: Choose the complete bundle" を選ぶのがよいと思います。

ダウンロードした圧縮ファイル(zip)の展開がそのままインストールになります。 特にインストールするためだけのプログラム(インストーラー)は用意されていません。
自分の好きな場所に展開しましょう。

展開したフォルダの中身は次のようになっていると思います。
Dart folder

DartEditor.exe が、その名のとおり Dartのプログラムを書くエディターになりますので、スタートメニューに登録します。 これでインストールが終了です。